既成カーテンとオーダーカーテン

既成カーテンとオーダーカーテンでは、

価格が10~100倍くらい違うものも多くあります。

何がどう違ってそんなに金額に差が出るのか。

オーダーカーテンにするべき理由をご紹介します。

 

既成カーテンとオーダーカーテンの違い

まず、既成カーテンとオーダーカーテンの違いをご紹介しましょう。

 

既成カーテンとは

同じデザインで数種類のサイズが用意されており、

そのサイズは、一般的な窓のサイズに設定されています。

主に幅は100㎝巾が2枚、もしくは150㎝巾が2枚

丈は110㎝、140㎝、178㎝、190㎝、200㎝、210㎝、230㎝などに分かれています。

ヒダは、仕上がりの巾(100㎝又は150㎝)に対して1.5倍の生地を使用しており、

ヒダは2つ山、また、上部のフックは7.5㎝で、裾の折り返しも2つ折りです。

量販店に売っている洋服のS・M・Lといったサイズ設定と同じと

イメージしていただくと分かりやすいでしょう。

 

梱包の仕方にも2通りあり、平たたみとプリーツたたみがあり、

平たたみは縦に6分割程度に畳んだ後、横に50㎝程度にたたんでパッキングされます。

プリーツたたみは、山に沿ってアコーディオン型にたたまれ、アイロンがけをして

同じく50㎝ほどにたたんでパッキングされます。

プリーツたたみの方が、レールに掛けたときにヒダが綺麗に出て、

広がりにくく、意匠性もある仕上がりになります。

 

オーダーカーテンとは

オーダーカーテンでも、イージーオーダーと、一般的なオーダーがあり、

イージーオーダーは、既製品と同じ生地で、

巾や丈を指定することができるオーダー方法です。

縫製の仕様や梱包は基本的に同じなため、一般的なオーダー商品よりも

随分安く仕上げることができます。

 

一般的なオーダーカーテンは、巾や丈を

1㎝単位で指定することができるのはもちろん、

生地も既成用の物よりも良い生地を使用し、

縫製の仕様も上部のフックが9㎝、裾の折り返しも3つ折りになっています。

ヒダの取り方は1.5倍の2つ山を選ぶこともできますが、

一般的には2倍ヒダの3つ山がスタンダードです。

他にもフラット、ギャザー、ボックスプリーツ、ハトメなど、

既成カーテンにはないバリエーションで、

お部屋の雰囲気をよりおしゃれに演出することができます。

さらに、オーダーカーテンであれば、上部の装飾(バランス)や

生地を途中で切り替えたり、フリルやトリムといった装飾をつけることもできます。

 

また、基本的に形態安定加工や、形状記憶加工を施すので、

ヒダが広がってしまうことなく美しいウェーブが保たれます。

 

既成カーテンとオーダーカーテンの相場

上記のように、既成カーテンとオーダーカーテンでは、

手間や必要な機械などが異なってくるため、縫製の加工料自体が

大幅に違うという点や、生地のm単価が違うという点もありますが、

実際、既成カーテンとオーダーカーテンの相場というのは

どのくらいなのでしょうか。

平均的な床まであるような掃き出し窓W200×H200両開きの場合、

既成カーテンは安いものなら¥1,980~¥3,980程度、

イージーオーダーは¥4,000前後~¥15,000程度

オーダーカーテンはかなり幅が大きく、

最近人気の格安オーダーカーテンでは、¥10,000~

メーカー品のファミリー層向けのシリーズでは、¥30,000前後~

国内外の高級ブランドのカーテンであれば、

¥100,000~¥300,000以上することが当たり前となっています。

生地によって本当にピンキリなのがカーテンなのです。