施工例2017.4.7

今回の施工例は、こだわりのモダンエレガントな

スタイルカーテンが映えるお客様宅の施工例です。

 

リビングのメインの窓には、アクセントライン入りのカーテンと、

ダークグレーのドレープカーテンを吊り込みました。

寒さ対策を兼ねてドレープを2枚重ねにしましたが、

とてもいいアクセントになっており、おしゃれな雰囲気に♪

 

旦那様がお選びになられたという、アクセントクロスにも

ばっちり合っています!

大きな窓の横には、3連の窓があり、

同じアクセント入りのシェードを。

レースはダークグレーの生地をアクセントラインと

リボン状にし、くくる位置によって開口高さを変えられる

スタイルカーテンに。

 

くくり方を少し変えるだけで、印象が女性的にも男性的にもなります。

普段は右側のよりモダンな印象に。

時にはリボンの結び方を変えて、華やかにして楽しんでいただけます。

 

リビング横のダイニングには、

同様のラインを入れたハトメスタイルのカーテンを。

レースはリビングと変えましたが、

ベースの生地のようなベージュや、ダークグレーのラインが入ったレースで、

統一感を出しながら、リビングよりも少しより明るい印象にしあげました。

 

ちなみに、すべてのカーテンに使用している、

鮮やかなターコイズブルーのアクセントラインですが、

 

実は、こちらのマナトレーディンクのシアター6の

濃色のラインのみを使用しているんです!

そのままでもとてもきれいな生地で、

当店でも人気があり吊サンプルを展示しておりますが、

アクセントラインだけでも存在感を発揮していますね!

 

今回は、使用した生地そのものはどれもシンプルな無地の生地ですが、

組み合わせ次第で、こんなに素敵なカーテンに仕上がるんです♪

皆様もちょっとの工夫で、

世界で一つだけのカーテンを作ってみてはいかがでしょうか(^^)

 

「雑誌に載っているようなカーテンがほしい!」

「ヨーロッパのお城のようなお部屋にしたい!」

「大好きな映画をテーマにした部屋にしたい!」などなど。。

何でもご相談くださいませ!

(ちなみに上記のご要望は全て今までにご対応したものです。笑

ご遠慮なくお申し付けください!)

 

お知り合いからのご紹介でご来店いただいた今回のお客様も、

「ここで作って本当によかった」と言っていただけ、私も感激です!!

ありがとうございました!